2021年07月31日

悲願成就・・・

 満を持す!とでも云うのでしょうか♪
 ついに、決行する日が来たのです♪
 
 S手稲支部長が大事そうに背負っているのは、魂の品々なのです!

DSCN6573.jpg

 そうなのです、この日のために春先から精魂こめてこつこつと作り始めていた『モーゼ岩』と『嘆きの広場』の看板2枚、看板を取り付ける樹木を傷つけないようにと云う配慮からスプリングの金物(白丸内)、看板取り付けに使う折畳み脚立、それら全てを背負って、S手稲支部長はついに晴れの舞台に立つのです♪

aDSCN6569.jpg

 それをサポートする関係者の面々です♪
 S会長の米寿のお祝いに参加した頼もしいメンバーが集合しました♪

DSCN6575.jpg

 S手稲支部長は、まるで子供をおんぶしているが如く、背中の荷物を大切に大切に運びます♪
 目指すは『嘆きの広場』、そして『モーゼ岩』です♪

DSCN6579.jpg

 一時間ほどで嘆きの広場に到着です。
 ベンチの左横の樹が取り付け予定の白樺です。

DSCN6582.jpg

 いよいよ、看板を取り付けるのです・・・
 大切に育てた我が子のような2枚の看板とのお別れの時が来たのです・・・
 S手稲支部長は、きっと、うつむいて涙を堪えているはずです!

DSCN6583.jpg

 立派に育ったS手稲支部長の我が子同様の看板・・・と・・・別れの時です・・・
 でも悲願成就なのです!
 
DSCN6584.jpg

 取り付け作業は一番背の高いN北方支部長の担当です。
 M会長が脚立をおさえて安全に気を配ります!
 S手稲支部長は、ハラハラしながら見守ってます・・・

DSCN6587.jpg

 樹木を炒めないようにスプリングで取り付けるのでN北方支部長は難儀してます。

DSCN6590.jpg

 はぃ!、どうでしょうか?立派なものです♪

DSCN6592.jpg

 そうなのです!
 いままで、ただの空地だった場所に『嘆きの広場』と云う立派な名前と、その看板が付いたのです♪
 太古の昔からここに在るが如く・・・

 そうなのです♪
 これからの数十年、数百年、数千年、多くの登山者がここを訪れ、
 誰でもが、ここ『嘆きの広場』で人生を嘆き悲しんでもいいのです・・・

DSCN6593.jpg

 そして、『モーゼ岩』で人生の希望と奇跡を願うのです♪
 そして、心癒されるはずなのです♪
 わたしを失ったおトしゃんがそうだったように・・・

DSCN6598.jpg

 モーゼ岩の看板取り付けは、手慣れたせいもあり簡単に済みました♪
 S手稲支部長は、万歳万歳万歳してます♪

DSCN6597.jpg

 でも・・・
 帰り道は、脚立のみを背負い、涙を堪え、うなだれて歩いています・・・
 きっと、大事な大事な娘さんを人里離れた遠い遠い山奥に、お嫁にやった気持ちなのではないでしょうか・・・
 
DSCN6602.jpg

 今日も猛暑日!
 日焼けを気にしてなのか?長袖のシャツ姿のIMさんとMKさんにM会長が気遣って話しかけてます♪

 『・・・遠い遠い将来に、お孫さんをここに連れて来て、今日の皆のことを懐かしく思い出して語ってやれる日が来るとイイデスネ・・・』
 と♪

s-DSCN6605.jpg

 
 


投稿者 choko : 20:35 | コメント (0)

2021年07月28日

楽しい企み♪

 ぉゃ・・・?
 机の上にアルミ製の折り畳み式脚立が?、さらに縄の束も?

DSCN6504.jpg

 何にやらS手稲支部長が縄を束ねて脚立に取り付けようとしてます?

DSCN6503.jpg

 もしかして???脚立を背負って山に行く気なのでしょうか?
 何のために???

DSCN6514.jpg

 やはりその様です!
 S手稲支部長の背中に合わせてしつらえたようです♪
 背負ってる本人もとっても嬉しそうです♪
 
DSCN6508.jpg

 『モーゼ岩』と『嘆きの広場』の看板。
 山に背負って行くように、加工した脚立。
 何か楽しい事を企んでいるのでしょうね♪

DSCN6569.jpg

投稿者 choko : 14:02 | コメント (1)

2021年07月24日

函館で歴史の勉強を・・・③

 市内の移動は路面電車を利用しました♪
 一言で云うと、『人に優しい乗り物』ではないだろうか♪とおトしゃんは喜んでました♪
 地下鉄の様に、地下に階段で降りたり上ったりしなくても、心身が弱っているおトしゃんでも楽に利用できるのが気にいったようです♪

DSCN6560.jpg

 札幌に帰るのも、電車です♪
 振り子式特急北斗7号です♪

 車内販売サービスが無くなったのは寂しいですが、おトしゃんはコンビニでしっかり飲み物や食べ物を仕入れて、万全の備えを怠らないのです♪

DSCN6562.jpg

 ところで、今回は函館の歴史の勉強になったのでしょうか?
 おトしゃんは、一回や二回の訪問では分からない!と云ってました♪ 

投稿者 choko : 17:00 | コメント (0)

2021年07月23日

函館で歴史の勉強を・・・②

 そうなのです!
 今回の函館歴史探訪の1番の目的は、あれなのです♪
 あれとは!、昔昔昔昔に活躍していた、あの青函連絡船の研究に来たのです。
 
 ぁれぇ~???、誰も居ません??? 

DSCN6537.jpg

 今では、1988年3月13日の青函連絡船最後の日まで運航していた摩周丸を産業遺産として保存・公開しているのです・・・

 人影が・・・ありません???

DSCN6538.jpg

 でも、営業はしているようです・・・

DSCN6540.jpg

 館内は自由に見学ができます♪ 
 無線通信室が当時のまま保存されてます。
 おトしゃんは、モールス信号を打って喜んでました♪、SとOだけですが・・・

DSCN6541.jpg

 操舵室です♪
 巨大な連絡船を自由に操舵できるのです♪
 遠い親戚に、元青函連絡船船長が居たような気がする♪と云っていたようなMKさんが操舵しているような気分に成って喜んでます♪

DSCN6544.jpg

 ハィ 出航♪♪♪
 眼を閉じると・・・昔が甦るではありませんか♪

DSCN6545.jpg

 客席・・・
 個々の乗客それぞれが・・・希望ゃ・・・苦悩ゃ・・・諦めを抱えてここに座って海を渡って行ったのですね・・・

DSCN6547.jpg

 函館の歴史を語るなら、五稜郭に付いて語らなければなりません!
 
 桜の季節であれば申し分ないのですが贅沢は言えません!
 青い空と、それを映すお堀で十分なのです♪
 せっかくなので、五稜郭タワーの上から、俯瞰するのも大切な勉強に成るのではないでしょうか♪

DSCN6552.jpg

 ぉぉ・・・ 100m上からの五稜郭♪
 
DSCN6551.jpg

 五稜郭公園まで来たのならば、ここに来ない訳にはいきません!
 そうです!トラピスティヌ修道院です♪

DSCN6556.jpg

 おトしゃんのような、俗にまみれた者を寄せ付けないような荘厳な佇まいの修道院・・・
 おトしゃんには、息苦しく感じるようです・・・

 ぁっ!
 尖がり帽子の時計台のようなものが見えます♪
 おトしゃんは、純真無垢な頃の童心に帰ってました♪

DSCN6557.jpg

 24日に続く・・・ 
 

投稿者 choko : 20:06 | コメント (0)

2021年07月22日

函館で歴史の勉強を・・・①

 ぉゃ・・・?
 凍らした、ゲロルシュタイナー?
 濃いめのハイボール缶?
 糖質0の発泡酒?
 ピーナツ?
 むきこまい?

 そうなのです!
 おトしゃんは連休に電車に乗って旅に出るのです♪
 

DSCN6516.jpg

 ここは?
 もしかして、函館駅ではないでしょうか?
 
 そうなのです!おトしゃんは今日からの連休を利用して函館の観光にではなく、函館の歴史等を真摯な態度で勉強する目的で、遥々と列車に揺られて来たのです♪

DSCN6561.jpg


 おトしゃんは、お目目もお耳も悪くなり、道に迷い、階段等から足を踏み外し転んで怪我をする可能性も大なので、函館の歴史関連の事であれば地元のヒトよりも詳しいかもしれない、登山仲間のMKさんに歴史探訪の案内を、アイスクリームをご馳走するという条件で、お願いする事にしました。

DSCN6532.jpg

 初日から、難しい函館の歴史等の研究も味気ないので、とりあえず函館の名所の見学です♪
 有名な赤レンガの倉庫群です。
 コロナのせいなのでしょうか・・・人影も少なく静かな佇まいでした・・・

DSCN6527.jpg

 由緒ある教会だそうです♪
 本来であれば、建設当時の時代背景等のあれこれを調査研究すべきなのでしょうが・・・夕食を優先すべき時間が迫ってきたので、写真を撮って終わりにしました♪

DSCN6533.jpg

 23日に続く・・・ 

投稿者 choko : 14:20 | コメント (0)

2021年07月21日

高齢の梅の木でも頑張れる♪

 おトしゃんは、何を見ているのでしょう???
 おトしゃんには、今でも、5月2日の満開の梅の花が見えているのです・・・
 この花の数は???

DSCN6055.jpg

 そして80日後・・・
 今年も梅の実の収穫の時期が来たのです・・・
 あの花が、実に成ったのです♪
 梅の実の専門家であるS手稲支部長に収穫をお願いしました。

DSCN6510.jpg

 昨年は30個ほどしか採れなかったのですが、今年は大豊作です♪
 大きな段ボール箱2ヶ分、ゆうに10kg以上はありそうです♪
 何個でしょうか?
 あの数えきれないほどの花が実に成ったのでしょうか?

 昨年のブログの梅の実の記事で、この梅の木も高齢になり、勢力も活力も失せてしまった・・・と、おトしゃんに揶揄されたので、今年は奮起したのでしょうか♪

DSCN6511.jpg

 S手稲支部長は、高齢の梅の木なのに、良く頑張ってこのように沢山の実が生ったものだ!偉いものだ!今後の活躍を願って、この際、美味しい肥料をたっぷりと与えるべきではないだろうか・・・と、おトしゃんに諭してました♪

DSCN6509.jpg

 S手稲支部長は、この梅で梅酒を造ったり、梅漬けを作ったり・・・と、夢がいっぱいのようです♪
 梅の木も大役を果たしてホッとしている♪と云う事でしょうか♪
 
DSCN6512.jpg

 
 

投稿者 choko : 14:07 | コメント (2)

2021年07月17日

今を盛りと・・・

 今日もピカピカのお天気です♪
 札幌も気温が30℃以上の真夏日なのです♪
 
 そうなのです!今日も元気に高齢登山隊は山に(低山)登るのです♪
 今日の面々は、S会長、N北方支部長、おトしゃんの3名です。

DSCN6483.jpg

 直射日光を避けて、木陰の多い尾根コース経由で『札幌台』を目指します。

DSCN6486.jpg

 札幌台に至る道とは思えないほど鬱蒼とした森の中に分け入ります!
 おトしゃんにとって、この道を歩くのは7~8年ぶりなのです・・・

DSCN6487.jpg

 ぉゃ・・・?先頭のS会長(矢印左)の目の前に巨大な倒木が横たわっているではないですか!!
 そうなのです!
 どのような困難が目の前に立ち塞がっても、前進するのです!

DSCN6488.jpg

 登山の大ベテランのS会長は匍匐前進で倒木を潜り抜ける決断をしたのです!

DSCN6489.jpg

 以下2名も、あの倒木と地面の間を匍匐前進したのです♪

DSCN6490.jpg

 頂上到着です♪
 積雪の時は湯豆腐や焼肉等の絢爛豪華な食事でしたが、最近は質素と云うか倹約を旨としていると云う感じのとってもシンプルな内容です・・・

DSCN6492.jpg

 それでも、話に花は咲くのです♪

DSCN6493.jpg

 山は夏の光を浴びて、今を盛りと光合成の真っ盛りです♪
 おトしゃん達も、今を盛りと低山を彷徨しているのです・・・

DSCN6499.jpg


投稿者 choko : 19:25 | コメント (2)